食事代行サービス

当事業設立の目的

「代行保証」とは、病院・福祉施設等、365日毎食の給食提供をすべき御施設が食中毒等による厨房閉鎖を余儀なくされた時に、弁当等で代行運営を受ける事。

メディカル給食の運営者は如何なる場合でも施設の性格上、食事提供を停止する事はできません。
然るに、食中毒による厨房閉鎖や施設内の設備やライフラインの故障による中段は決してありえない事ではありません。 にも拘らずそのような比重時を想定して、実質的な食事代行がパーフェクトに居粉割れる体制や仕組みを持つ企業は どこにも存在せず、完成されていないのが実情です。
また、爆発的に流行している"ノロウィルス"の脅威も払拭できない状況に有ります。
そこで弊社は「非常時の給食業務代行保証」を開始し、施設の運営責任者様をお助けしようと問う事業を設立しました。

※「給食代行保証」の現状
(1)「日本メディカル給食協会」に加盟する。(一定の基準を満たさない企業及び組織は加盟困難)
(2)同業他社間で相互保証。(詳細な決め事がされていず、場当たり的対応)

食事代行サービス(パンフレット)
パンフレット(pdf)ファイルはこちら→

 ※内容が変更になっている場合がございます。
  詳細はお問い合わせください。